これであなたも事情通!知っておきたい吉原の歴史

江戸の吉原での華やかな世界からその裏にある凄惨な現実までの事情がわかる情報サイト

江戸幕府公認の吉原遊廓は当初現在の日本橋人形町辺りにあった

日本の風俗史を語る上で避けては通れないエリアとして、吉原を挙げることができるでしょう。
吉原という地名の由来は二説あり、吉原遊廓設置の中心人物が東海道の吉原宿出身だったという説と、 設置しようとした場所がヨシというイネ科の多年草が生い茂った原っぱだったという説があります。
遊廓内では、教養があり高貴な一握りの遊女に与えられる最高位の花魁(おいらん)を筆頭に豪華絢爛さを振りまく一方で、大半の遊女は身寄りがなく、借金を形に働かされるなど、やむをえない事情を抱えた女性が客の相手をしていました。
遊郭における格差があまりにも大きかったことがわかります。

やがて、吉原は江戸市中とは異なる世界に引き寄せられた大名や商人などの富裕層が高級遊女を求めて集う社交場としての地位を確立することで、賑やかな夜の江戸文化の中心となっていきました。
これは、夜の繁華街の先駆けと言ってもよいでしょう。

明治以降になると、富裕層の中心が政界や財界関係者となり、社交場も芸妓らがもてなす料亭などが流行るようになりました。
こうした芸妓屋が集う花街の文化が浸透してくると、吉原遊廓の賑わいはピークを過ぎていきました。

昭和となり、1957年の売春防止法の施行によりこれまで行ってきた吉原遊廓の営業はできなくなりましたが、その一部は同じエリア内でソープランドなどの風俗店に転業しています。
吉原ブランドとしての影響力は形を変えながらも、現在も息づいていると言えるでしょう。
吉原の歴史をめくると、現代の風俗事情に相通ずることが実感できます。

吉原エリアの街並みも年を重ねるごとに様変わりしていますが、現地を訪れれば、まだ吉原遊廓の面影やその歴史をたどることができますので、吉原の移り変わりを感じ取ってみてください。