これであなたも事情通!知っておきたい吉原の歴史

江戸の吉原での華やかな世界からその裏にある凄惨な現実までの事情がわかる情報サイト

過酷な現実から逃れるにはきらびやかな表舞台に立つことだった

この記事をシェアする

幕府と遊女屋の利害一致で吉原遊廓ができた

吉原遊廓の始まりは、江戸幕府が成立して間もない1617年と言われています。
駿府(現在の静岡市付近)にあった広大な遊廓の一部を現在の日本橋人形町辺りに移転して造られたようです。
こうして、吉原の歴史の起点は日本橋付近での遊廓の設置から始まりました。

この吉原遊廓が作られた時代背景は、以下のとおりです。
幕府には治安維持を図るために、まとめて面倒が見れる遊廓を許可することで上納金を得るとともに、それを江戸の街並みの整備に充てる意図がありました。
また、江戸市中内での武家屋敷の整備などにより、頻繁な移転を余儀なくされた遊女屋を営む者たちはその解消を幕府に求めていました。
吉原遊廓の設置はこうした思惑が一致した結果とみられます。

ただし、吉原遊廓の設置条件として、遊廓以外の遊女屋は許可しないことや遊女は贅沢な着物を着てはならず江戸市中で働かせないこと、遊女屋は質素な佇まいとすることなどを挙げています。

わずか40年ほどで現在の浅草エリアへ移転

徳川政権が安定するにつれて、江戸に人が集まり、その都市機能が発展してくると、日本橋周辺も街中となったため、1656年に幕府は吉原遊廓の移転を命じました。

この移転にあたり、幕府は遊廓の遊女屋と競合していて盛況だった風呂屋(風俗サービスを施す銭湯)を禁止するなどの便宜を図りました。
当初、移転はなかなか進みませんでしたが、奇しくも命令後の翌1657年の大火事(明暦の大火)で吉原遊廓が壊滅的なダメージを受けたことで移転を余儀なくされたようです。

この移転後に新設されたエリアが「新吉原」で、現在の地名は浅草方面の台東区千束付近になります。
これまでの日本橋付近にあったほうは、移転後の新吉原に対して「元吉原」と呼んで区別しています。
吉原の長い歴史からすれば、元吉原の方は40年程度だったこともあり、現在その面影はほとんど見受けられません。