これであなたも事情通!知っておきたい吉原の歴史

江戸の吉原での華やかな世界からその裏にある凄惨な現実までの事情がわかる情報サイト

江戸市中とはかけ離れた世界が吉原遊廓の魅力の一つとなった

この記事をシェアする

吉原遊廓は外界から遮断されていた

吉原遊廓一帯の周囲には、高い塀とお歯黒溝(おはぐろどぶ)と呼ばれた大きな溝がありました。
お歯黒溝はどぶ川の通称ですが、その川がお歯黒のような濁りだったからとも、遊女が使用したお歯黒を捨てていたからとも言われています。
移転後当初はその幅が9メートルもあったことから、遊女たちが逃亡するのを妨げようとする遊女屋経営者の思惑や、外部からの不正侵入を防ぐことで風紀の取締りを強化しようとする幕府の意図が窺えます。

こうして、吉原遊廓の周囲を囲むことで江戸市中とはかけ離れた別世界が形成されていきます。
遊廓内の遊女屋は、大名や文化人などが利用するような格式高い大店から狭い敷地内にある小店まで序列化されていました。
遊女を求めて訪れた客は武士や町人などですが、遊廓内では身分を問われることなく、粋や羽振りの良い客がものを言う世界でした。
このため、武士よりも経済的に裕福な商人や町人が次第に主要な客層となりました。

吉原遊廓の閉鎖性を象徴するものといえば?

吉原遊廓へ客として訪れる際には、吉原大門(よしわらおおもん)を通ります。
この大門は、正面玄関としての役割を果たす主要な入り口でした。
一部の豪遊レベルになると、水路を利用して舟で遊廓の最寄りまで乗りつけたそうです。
その他の出入口としては、橋を上げ下ろしすることができる跳ね橋がありました。
跳ね橋は遊廓内での生活に必要な物資などの運搬のために設置されたもので、その出入りは商人や職人などの関係者に限られていました。
このように、遊廓への出入りは制限されていて、関係者であっても厳しくチェックされていたようです。

吉原大門は、移転時点では木造で黒塗りのアーチ型楼門でした。
明治時代になって鉄門に建て替えられましたが、1911年の大火で焼失してしまい、その後関東大震災に遭ったため、撤去せざるを得ないこととなりました。
吉原大門は現存されていませんが、その名称は現在も交差点名として残っています。